ExplorerPatcher for Windows11でタスクバーを上左右に配置する

Windows11からタスクバーが下固定になってしまいました。

UI的に必要なのかもしれませんが、今まで横に(自分は左に)置いていた身としてはとても不便です。

そこでなにか良い対処法はないか探してみたところExplorerPatcherというソフトで出来るというので試してみました。今のところ安定しています。

WindowsやExplorerPatcherのバージョン、他のインストールしているソフトによっては安定動作しない場合があります。自己責任でインストールおよび設定をしていただくようお願いします。

目次(タップで項目へ)

ExplorerPatcherって?

Explorer Patcher for Windows 11はGithubで公開されているWindows11の主にタスクバー、スタートメニュー、システムトレイ、ウィンドウの切り替え等の変更を行う事が出来る常駐ソフトウェアです。

ExplorerPatcher設定画面

タスクバーを横に配置するには

タスクバーを横に設定するにはどうすればよいかを手っ取り早く紹介していきたいと思います。

ダウンロード

まずはGithubの下記ページからダウンロードをしていきます。

上のページの中でLatestのバージョンをさがします。

執筆現在のLatestの最新は22000.556.42.39が最新のバージョンとなってます。

この項目の下の方を見て行ってep_setup.exeをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたらインストールへ

インストール

インストールはダウンロードしたep_setup.exeをダブルクリックしてインストールするだけです。

インストール時にタスクバーやエクスプローラー回りが再起動するため少しちらつきます。

タスクバーを横に配置設定

タスクバーの上で右クリックするとコンテキストメニューにプロパティという項目があるのでこれをクリックします。

初期表示の画面がTaskbarになっているので各種設定を

  • Taskbar styleを【Windows10】に
  • Primary taskbar location on screenを【Left】に(上の場合はTop、右の場合はRightへ)
  • Conbine taskbar icons on primary taskbarを【Always combine】に

設定して左下のRestart File Explorerを押せば全設定が適応されます。

タスクバーを左に

設定項目がどこを変えればよいのかわかりにくいですが、タスクバーの位置を変更する設定は終わりです。

筆者設定

参考までに筆者設定を置いておきますのでどうぞ。すべて画像なので重いです。

タスクバー設定
システムトレイ設定
ファイルやエクスプローラー設定
スタートメニュー設定
ウィンドウ切り替えに関する設定
天気表示に関する設定
その他設定
更新に関する設定
追加機能設定
ソフトに関する情報

ほぼタスクバーの部分しか設定してませんが、参考になれば幸いです。

おすすめPCはこちら

準備中

  • URLをコピーしました!
目次(タップで項目へ)
閉じる