PhotoSyncを使ってiPhoneやiPadからWindows PCに簡単に写真を送る方法。

iOSとMacの連携で特に便利なのはAirDropだと思います。写真をサッと送れるのはとても便利ですよね。

しかし理由があってWindowsPCを使わないといけない人も多いかと思います。

写真を送りたくてもメール経由をしているととても不便です。そんなときにはPhotoSyncを使ってみてはどうでしょうか?

AirDropほどではないですが比較的簡単にiPhoneとWindows PCとで写真のやり取りが可能になります。

目次(タップで項目へ)

インストール方法

アプリはiPhoneとWindowsPCの両方にインストールする必要があります。

基本的にはOKしていくだけで簡単ですよ。

Windowsへのインストール

上記リンクの右にあるWindowsのダウンロードリンクからphotosync_setup.exeをダウンロードし、実行する。

「次へ」
特にこだわりがなければそのまま「次へ」
「次へ」
インストール先を指定しない場合は「次へ」
名前を作成したい場合以外は「次へ」
セットアップ完了とともにPhotoSyncを起動
起動とともに画面右下にこのようなウィンドウが現れます。

以上でWindows PCのインストールは完了です。

iOS(iPhoneとiPad)へのアプリインストール

同じく上のダウンロードからダウンロード後起動します。

立ち上げるといくつか許可を求められるので下記二つを許可してください。(通知はお好みでどうぞ)

写真へのアクセス「すべて許可」
ネットワーク上のデバイスの検索を許可

ローカルネットワーク上のデバイスの検索および接続を許可しないと、WindowsPCとのやりとりができないので必ず設定してください。

PhotoSyncを使った写真転送の仕方

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  • 写真を送る際は同じWi-fiに接続してください。
  • iOS、Windowsともにアプリケーションは起動した状態で写真転送を行ってください。

WindowsからiPhoneへ写真転送

WindowsからiPhoneへ写真転送する場合はiPhone側のPhotoSyncを起動しておいてください

デスクトップ上のPhotoSyncのドラッグドロップ用ウィンドウへ転送したい写真ファイルをドラッグ&ドロップしてください。

写真ファイルをこのウィンドウにドラッグする。

すると次のようなウィンドウが表紙されます。

対象のデバイスを選んで「送信」する

iPhone側でPhotoSyncを起動しておけば転送デバイスに表示されるので、デバイスを選択して「送信」すればiPhoneに写真が送信されます。

iPhoneからWindowsへ写真転送

転送したい写真があるアルバムを選び、写真を選択。右上の赤い更新ボタンをタップ。
「選択済み」を選択
左上のコンピュータを選択
転送先のコンピュータを選ぶと転送します。

PhotoSyncまとめ

ね、簡単でしょ?

他にも色々写真転送できる先があるので、いろいろ試してみてください。

無料ではファイルサイズに制限がありますが、730円払えばファイルサイズの制限がなくなるので、便利だと思ったら買ってみてください。

準備中

  • URLをコピーしました!
目次(タップで項目へ)
閉じる